「ほーら、よく見せろ」
「えっ? え?」
部屋に入るなり、ベッドに押し倒され、スカートをまくり上げられました。
そして他は着ているままで、ストッキングとパンティだけを膝までずりおろされました。
「へぇー、すっげぇ!」
Sくんは私のアソコに顔を近づけ、ふくらみに指をはわせました。
さらに、思い切り息を吸い込み、
「めっちゃいいにおいがする」
「やん! そんなところのにおい、かがないで! はずかしい……」
アソコのにおいをかがれるなんて、恥ずかしくてたまりません。私は必死で、スカートの裾を下ろそうとしました。
「あー、だめだめ」
Sくんは、私の両手を持ち、ペッドに押しつけました。
両手を押さえられ、ストッキングとパンティは膝でまるまっているため、身動きがとれません。
できるのは、両足をすりよせて、恥ずかしさから少しでも逃げようとするくらいです。
Sくんはまた私のアソコに顔を近づけ、まじまじとパイパンになっている部分を見つめました。
その視線を感じて、また膣口からくちゅっと、愛液があふれたことを感じていました。
「あっ……」
Sくんが私のアソコに舌を這わせました。
「やわらけぇ……」
Sくんは、私のふくらみを、舌でつついたり、くちびるだけでくわえてみたり、さらには甘噛みをして、
「歯形つけていい?」
「だっ! だめよ!」
「だよなぁ!」
無邪気に高笑いをするSくんが、とても可愛く思えてしまいました。
さらに、Sくんの舌が、ワレメをなぞるように何度も上下し、そのたびにぞくぞくと、身震いしそうになりました。
「Sくん……」
「ん?」
私のふくらみをくわえ込んだまま、Sくんが返事をしました。
「わたしも……Sくんに触らせて」
「スケベ」
「えっ!」
また顔全体が熱くなりました。
Sくんは膝立ちになり、Tシャツを脱ぎ捨ててベルトをゆるめはじめました。
私はようやく解放された両手で、膝でひっかかったままのストッキングとパンティをはずしました。そして、身体を起こし、他の着ているものも全て脱ぎました。

おすすめの記事