「俺、もうこんなんだぜ」
裸になったSくんが、私の前にペニスを突き出しました。
「は……おっきい……」
初めて見るSくんのペニスは、たくましくそそり立っていて、先のほうで雫が光っていました。私は先っぽだけをぺろりと舐めてみました。少し塩味がして、Sくんのペニスがぴくん、と跳ねました。私は嬉しくなって、そっとペニスをつかみ、ぺろぺろと先端に何度も舌を這わせました。
裏側のスジに舌を上下させ、根元から先端までを舐め上げました。
「は……」
Sくんが少し吐息を漏らしたことがうれしくなり、さらにカリの部分に舌を這わせ、鬼頭部分を舌で転がし、そのまま口の中に全体をくわえると、唇でこすりながら、舌で裏側のスジを何度も上下しました。
「うめぇ~」
Sくんの反応がうれしくなり、さらに動きを激しくしていると、
「そんな風にされたら、すぐイキそうになるだろうが」
と、いきなり、ベッドの上に転がされました。
Sくんが私の上に覆い被さり、片手でおっぱいをわしづかみにしました。
「やっぱり、いいおっぱいだ」
「あ……ん……」
Sくんはおっぱいを激しくもみしだき、乳首をつまみました。ふんわりと、Sくんの髪の毛のにおいがします。
Sくんは舌で乳首を転がし、そのまま私の身体をなぞって、下に下がりました。
そして私のふともものあたりまで下がると、私の両足を持って、大きくM字に開かせました。
「はっ……」
いまさら恥ずかしがらなくても、と思うのですが、やはり少し、Sくんの視線から逃げたい気持ちになり、脚を閉じようとしました。
「こら、よく見せろ」
Sくんの身体で阻まれ、ぐい、と両足を広げられ、しかたなく両足のちからを抜きました。
「へぇー……」
そのまま、Sくんは私のアソコを指で開いたり、なぞったりして。観察しているようでした。Sくんにアソコを執拗に見られていることにぞくぞくします。

おすすめの記事