「見られて、感じてるのか?」
「ひっ!」
Sくんが、私の膣口をつつきました。その指の感触に、一瞬、腰が跳ねました。
「ここが、ヒクヒクしてるぞ」
「あ、や……ぁん……」
Sくんの指が、私の膣口をくちゅくちゅと音を立てていじっています。
(もっと、奥まで……もっと、恥ずかしくして欲しい……)
Sくんは膣口からクリトリスを何度もなぞり、クリトリスを指先でもてあそぶようにいじりはじめました。
「ひ……あ……だめ……」
待ち望んでいた快感に、身体が震えました。
「あ……あぁっ! はぁ……ん……」
さらに、少しだけ指を中に挿入され、抜き差しをされると、ぞくぞくとした快感がとまらなくなりました。
「敏感だな」
Sくんの視線が、アソコに集中しているのを感じると、恥ずかしさと見られている快感で、アソコが止めようとしてもヒクヒクと動いてしまうのを感じました。
Sくんはそのまま、私のアソコに舌を這わせました。
「は……あ……あ……」
何度も上下に舐められては、クリトリスを舌で転がされ、膣口から舌を挿入されて中で動かされました。
「あっ……あん! あぁ……」
なまめかしい快感に飲み込まれそうでした。
「やらしいなぁ……桃花お前、相当ヤッてきただろ」
「そんなことないよー。回数は、Sくんよりあるかもしれないけど……」
「オレなんか、数えるほどしかないわ」
嘘ばっかり、と言おうとしたとき、Sくんが私の上に覆いかぶさりました。
アソコに、Sくんのペニスの熱い感触が突き立たりました。
ゆっくりと、私のなかに分け入ってくる感触を、身体中で味わっていました。
「う……ぁ……」
壊れそう……と一瞬思いましたが、Sくんが入ってくるのを待ち望んでいた私のアソコは、すこしばかりの抵抗がありながらも、ぬるりとSくんを受け入れていました。
ついに奥まで入ったSくんのモノを、私はアソコで握りしめるように締め付けました。
「うれしい……」
思わずこぼれた言葉に、Sくんは少し笑いました。
そしていきなり、引き抜かれるかと思うほどに腰を引くと、また奥まで突き上げられました。
さらに、それを何度も繰り返されました。
「あっ! あぁっ!」
こんなに激しく動かれたのは初めてかもしれません。
アソコ全体に広がる摩擦と、気持ちいい場所に突き当たる感触がたまりませんでした。
私はSくんの肩にしがみつきながら、激しい快感に震えていました。
「やべぇ、もうイキそう」
余裕をなくしているSくんがかわいくて、少し唇がゆるみました。
Sくんは挿入したまま身体を起こし、私の膝を持って大きく脚を開かせました。
ゆっくりと出し入れしながら、その部分を見つめていました。
ぬるぬると私のなかを出入りする感触が、Sくんのモノのかたちをはっきりと感じさせました。私はその快感をただ追いかけることに夢中になっていました。

おすすめの記事