「すげぇー。全部見える。やっぱエロいな。パイパンって」」
Sくんは、私のクリトリスをいじりはじめました。
「あ……やん! ……だめ……だめだって……」
「すげぇ! 奥がヒクヒクしてる!」
さらに、Sくんは突き上げるように動きを大きくしました。
「も、だめ……あ! あん! イク……イクぅっ!」
突き上げられる感触と、クリトリスをいじられる鋭い快感が同時に私を襲い、私はあっけなく達してしまいました。
「何? もうイッたの?」
「……イッちゃった……」
Sくんはさらにクリトリスをいじり続けました。
「あっ! あっ……あぁっ! また……い……イッちゃう…………」
再び私を襲った快感の濁流に飲み込まれ、私ははぁはぁと息をととのえながら、脱力していました。
私のアソコの中にはまだ、硬く昂ぶったSくんのペニスが感じられます。私はアソコを何度も締めつけて確かめていました。
Sくんは私に覆い被さると、私のふとももを抱え上げ、揺さぶるように激しく出し入れしはじめました。
「すご……い! いいっ! ……すごい! こんなの、はじめて……」
本当に、夫とは全然違う初めての感覚に、おかしくなりそうでした。
私は、Sくんのたくましい肩にしがみつきながら、Sくんが入っている感触を受け止めることに必死でした。
「そんな締めつけるなよ……」
Sくんは動きを止めると、ペニスを引き抜き、私の目の前に突き出しました。
私は身体を起こし、夢中でしゃぶりつきました。
Sくんの張り詰めたペニスが、愛おしくてたまりませんでした。

おすすめの記事