「しゃぶるの好き?」
「ん……」
カリの部分に舌を這わせ、裏スジを何度も舐め上げていました。
そして袋の部分を軽くくちに含んで舌で転がし、同時に手で全体をしごきました。
再度、Sくんの全体を口に含み、舌を押し当てたまま、激しく出し入れさせました。
先の部分に来るたびに、舌で先端を舐め上げ、また奥まで飲み込むことを繰り返しました。
ふいにSくんが私の頭をつかんで、引き離されました。
上手くできなかったのかな……と、一瞬不安になったのですが、再びSくんが横たわり、「来い」と言うので、意図がわかりました。
私はSくんの上にまたがり、Sくんのペニスを膣口にあてがいました。
再び、ゆっくりと腰を落とし、身体の中に、Sくんのペニスを飲み込んでいきました。
「ああぁっ!」
Sくんのペニスが奥まで達すると、身震いするような快感が身体中を突き抜けました。
腰をくねらせて、何度も、一番奥に突き当たるように動きました。クリトリスもまた、Sくんの身体にこすりつけられ、動くたびに響くあまりの快感に、その行為をやめられずに、何度も繰り返していました。
「いい眺め」
Sくんは私の胸に手を伸ばし、おっぱいをわしづかみにしました。そしておっぱいをつかんだまま、親指で私の乳首をこねまわしました。
「あっ……はぁっ…………Sくん、きもちいい……きもちいいよぉ…………」
私はSくんの脇に手をつき、挿入したままつま先立ちになりました。
「お……」
そのまま、激しく上下しました。自分自身の快感をこれでもかと追求できることに喜びを感じていました。
激しく動いても受け止めてくれるSくんが嬉しくてたまりませんでした。
「あ……あ、やべぇ」
再びベッドに仰向けになるよう促され、ベッドの上に転がった私にSくんがのしかかり、挿入しました。
そしてまた、根元から、抜けそうになるギリギリまで、激しく抜き差しを繰り返しました。
「あん! あぁ……すごい! Sくんすごい!」
私はSくんにもっともっと奥まで入って欲しくて、脚を大きく開き、私のなかに入っている、Sくんのモノを握るように締め付けました。身体の中で、Sくんのモノを握りしめようとして、それでもすぐにぬるっと逃げられてしまう、そのたびに腰から頭まで甘い感覚が突き抜ける。断続的に続く快感に溺れていました。
「いくぞ」
私が頷くと、Sくんは数回、奥を突き上げるように動いたあと、引き抜きました。
お腹の上に、精液の温かい感触が広がりました。
避妊のことがこの時まで、まったく頭になかったことに気付きました。
本当に、ここまで理性が吹っ飛んだのは、生まれて初めてでした。

おすすめの記事